カンジダの発症原因

カンジダの発症原因

 

カンジタ膣炎を引き起こすカンジタ菌は、口の中や皮膚、そして常に膣の中にも存在しています。 基本的には膣内は少しだけ酸性に傾いた状態(弱酸性)で、細菌が必要以上に繁殖できないようになっています。ところが、それがアルカリ性に傾いても、酸性に偏りすぎてもカンジダ菌は増殖してしまいます。

 

カンジダは酸性の環境を好みます。生理前に膣内は酸性に偏りがちになってしまうから繁殖を始めます。 また、疲労やストレスなどの体調変化に伴って膣内がアルカリ性に傾くと、人体に有害な細菌を退治する善玉乳酸菌が生きられず、カンジダ菌が繁殖する環境を作ってしまいます。

 

つまり発症しやすい人はカンジダ菌にとって有利な環境を膣内で作ってしまうことが多いということなのです。 だから、ストレスや疲れを溜めないように、体内バランスを崩さないように、規則正しい生活を心がけ、食生活に気を遣いましょうと言われます。膣内の自浄作用は立派なもので、体が健康であれば、本来トラブルは起きないのです。

 

しかし多くの人は言われなくても至って普通の生活を心がけています。

 

明らかに見直しが必要な問題が日常生活にあるのなら気をつければ良いのですが、カンジダの再発に悩んでいる人は他の人とあまり変わらない、普通の生活をしているのにカンジダにかかってしまうのです。