カンジダの症状

カンジダの症状

 

カンジダ膣炎はその名の通り、カンジダ菌が原因となって発症します。
(今は「カンジダ」と正式名称で呼ばれることよりも「カンジタ」と通称で呼ばれる方が増えてきています。)

 

一度発症してしまうと完治することが難しく、症状が緩和したかと思えばすぐに再発を繰り返す傾向にあります。

 

【主な症状】

おりものの異常(塊状やヨーグルトのようなどろっとしたおりもの) 膣口などの外陰部が赤く炎症する ・性交時や排尿時の痛み  
※異常に気付いた時には症状が重症化していることも多い病気です。

 

また、勘違いされやすいのですが、カンジダ膣炎は性病ではありません。
性器で発症する感染症ということでイメージがよくないようですが、カンジダ菌は男女共に誰しもが身体に保有する菌の一種で、決して異常なものではありません。