ガンジダ膣炎

ガンジダ膣炎とは

 

カンジダ膣炎という病気を聞いたことはありますか?
このカンジダ膣炎という病気は膣内にカビが増殖してしまい、痒みなどを発生させる病気になります。

 

このカンジダ膣炎を発症するとすぐに身体に変化が起きるので解りやすいです。
カンジダ膣炎を発症するとおりものに変化がでます。

 

おりものが白くクリームのようになり、粘着性の強いおりものになります。
これはカンジダ膣炎の最大の特徴でもあるのですが、カンジダ膣炎がさらに悪化すると次第におりものはカッテージチーズのような固形物が出るようになります。そのため、普段のおりものとは全くことなるものが出ることで、カンジダ膣炎の症状にはすぐに気付くことができますよ。

 

このカンジダ膣炎の原因であるカンジダ菌というのは、本来膣の中にいる菌です。しかし、この菌が体力の低下や免疫力の低下によって発症してしまいます。

 

そのため、カンジダ膣炎を発症しないようにするには、普段から生活習慣を改善し免疫力の低下を起こさないようにしなければなりません。また、カンジダ膣炎と思われる症状が少しでも出ているのであれば、早急に専門医に相談をするようにしましょう。

 

再発しやすいだけに、最初の治療が非常に重要になりますので、よく覚えておくようにしましょう。