カンジダ菌

カンジダ菌はどうして増殖するの?

 

それなりの年齢の女性なら、一度はなったことのあるカンジダ症。私も何度か経験があるのですが、ものすごく辛いですよね。あの性器の痛痒さは、何度経験しても慣れるものじゃないと思います。しかし、発症する度にもう二度となりたくない、と思いますけど残念ながらカンジダ症の原因であるカンジダ菌は、常に人間の体内に存在する常在菌なので、100パーセント駆逐することはできないそうなんです。

 

となると、カンジダ症にならないためには、カンジダ菌が増殖しないよう気を付けるしかないんですね。しかし、そもそもカンジダ菌はどうして増殖するのでしょうか?調べたところ、どうも免疫の低下が原因だそうです。なんでも、免疫が低下することで、日頃それによって抑えられているカンジダ菌が活性化することで、膣内でカンジダ菌が増殖してしまうのだとか。

 

つまり、カンジダ症の発症を防ぐには、免疫が低下しないよう日頃から体調管理を心掛ければ良いんですね。と言っても、それって言う程簡単じゃありませんよね。要は風邪をひかないよう気を付けるのと同じことですから。それでも、カンジダ症になろうものなら、トイレの時だけでなく最悪ちょっと歩くだけでも痛みが伴うので、そうならないためにも出来る限り体調管理には気を付けるようにします。