カンジタ膣炎の原因

カンジタ膣炎の原因

 

カンジタ菌は水虫などで知られる真菌の一種であり、カビの仲間です。
そう聞くと、衛生が原因なのではと示唆されがちですが、カンジタ膣炎に関しては、不衛生によっておこるものではなく、カンジタ菌が体調の変化などで増殖して起こる症状です。腸内イースト菌感染とも呼ばれています。
たしかに、カンジタの症状が出た時、おりものの臭いがパンの発酵のような臭いになることがありました。

 

カンジタ菌は性交によってもうつりますが、カンジタ菌自体は、もともと人間の口の中や皮膚に常在しているので、性交がなくても自然に発症する、人間にとってはとても身近な菌です。 産婦人科領域では、日本女性の70~80%は、一生のうちに少なくとも1回は発症するといわれるほどポピュラーな病気でもあるそうです。

 

本来、カンジタ菌には4つの種類があり、カンジタ膣炎を引き起こすのは「カンジダ・アルビカンス」とよばれる種類の菌です。

この菌は健康時にも身体各部、口腔、皮膚、消化管内、女性の膣などに少数ながら存在しています。 膣の中には、乳白色の帯下(たいげ)があり、その中に はいわゆる善玉菌が存在して、病的な炎症などを起こさないようバランスが保たれているのです。

 

しかし、通常はバランスで沈静化しているものの、体調が悪くなるなどで抵抗力が低下すると、カンジタ菌は身体各部で活性化し増殖して炎症を引き起こします。 痒みや発疹をおこします。

そのカンジタ菌が外陰部に感染したものが「外陰カンジタ症」、膣内に感染したものが「カンジタ膣炎」と呼ばれます。

 

そのメカニズムは詳しくは解明されていませんが、ストレスや体の疲れなど免疫力が低下した時や妊娠中の女性に発症しやすく、妊婦検診でカンジタ膣炎と診断されることは珍しくありません
他には、糖尿病にかかって免疫力が低下したり、その他の治療のために抗生物質を処方されて、抗生物質の内服が原因でカンジタ膣炎になるケースもあります。ピルの服用でも同じようなことが言えます。

 

このカンジタ菌は口の中にも存在して、食べ物と一緒に体の中に入り込みますが、普段はタンパク質消化酵素が頑張ってお腹の中で綺麗に殺菌してしまうため、悪さをすることは出来ません。

しかし免疫力の低下など体に不調が出ると殺菌できずに腸から排泄物と一緒に体外に放出されてしまいます。 すると膣に菌が入り込み繁殖を始めてしまうのです。

 

なぜ、生理前に発症するパターンが多いのかというと、乳酸菌とホルモンの関係があります。

乳酸菌はカンジタ菌をやっつける代表格なのですが、生理になると、この乳酸菌の値が減少してしまうのです。 排卵日以降に減ってしまう卵胞ホルモンの影響でカンジタ菌をやっつける乳酸菌が減り、逆に排卵日後にどんどん増える黄体ホルモンによってカンジタ菌は元気になってしまうのです。

 

こうして、カンジタ菌が増えることで卵胞ホルモンがさらに減少し、その結果乳酸菌が減ってしまうのです。
妊娠中は赤ちゃんを育てるために黄体ホルモンがたっぷり分泌されるため、同じ理由で、カンジタの症状が出ます。さらに閉経後はカンジタ菌と戦うための乳酸菌のもとになる卵胞ホルモンが極端に少なくなるために、カンジタの症状が出るのです。

 

この仕組みに思わずうなずくばかり。私が発症する時って、体が疲れていたり、ホルモンバランスの崩れる生理の時だったり、該当する事ばかりです。 風邪をひいて抗生物質を出してもらって、風邪が治る手前でカンジタ膣炎の痒みが襲ったこともありました。