カンジタは不妊につながる

カンジタは不妊につながる

 

ほっとしたのもつかの間、衝撃的な事実が! カンジタは不妊にもつながるらしいんです。

発症を繰り返したり、腫れた状態が続いて炎症を起こしたり、このような症状の悪化はゆくゆくは不妊につながるそうです。

なんでも、カンジタ菌が精子を殺してしまうこともあるみたい。 この事を聞いてゾッとしました。

 

今付き合っている彼と結婚も考えていたので、もしも子供が産めなくなってしまったら悔やみきれません。 妊娠したとしても、注意が必要です。ホルモンバランスが劇的に変化するこの時期は、カンジタ膣炎にかかるリスクが高くなります。再発もありき。 カンジタになっても、お腹の中にいる胎児自体に影響はありませんが、症状が強いとまれに早産や破水を招くそうです。

 

さらに、出産時にカンジタ膣炎のカンジタ菌が膣内で増殖したままだと、母体よりも赤ちゃんに影響があります。 赤ちゃんは産道を通って産まれてきますが、その際にカンジタ菌に感染してしまう可能性が高いのです。

 

産道でカンジタ真菌に感染してしまうと、赤ちゃんに鵞口瘡(がこうそう)や皮膚炎が現われる可能性があります。
新生児の鵞口瘡は、口腔鵞口瘡(こうくうがこうそう)とも呼ばれ、舌に苔のようにびっしりと白いカビが発生します。 皮膚炎になると、薄くやわらかい肌に炎症を起こしてしまいます。どちらも出産後に治療の必要な症状なので、産道感染は予防しないといけません!

 

また、生まれた赤ちゃんのおむつかぶれがひどくなる原因の1つとしても、カンジタ菌の産道感染が関係していると言われているそうです。 甥っ子がちっちゃかった頃、おむつかぶれで姉が悩んでいたけれど、カンジタが関係してたのかな・・・・。