カンジタ膣炎の検査方法

カンジタ膣炎の検査

 

カンジタ膣炎に感染しているか検査する 症状が疑われたら、まず、病院で検査を受け、きちんと治療しなくてはいけません。

私が行った病院では、綿棒などで膣の粘膜を採取し、顕微鏡でカンジタ菌の存在を確認しますと説明されました。カンジタ菌の存在・異常増殖が見えれば、カンジタ膣炎と確定診断されます。

私はしませんでしたが、必要なら培養検査を行うこともあります。
諸尿を採取し、遺伝子検査しても診断することができるそうです。病院で診てもらうのが一番いい事ですが、私みたいに行くのに躊躇して、何年も放置してしまうと、症状がひどくなってしまいます。

 

患部がデリケートな部分なので、病院に行くのにためらう気持ち分かります。
そこで調べてみたんですが、カンジタ膣炎かどうかを判定する「カンジタ膣炎検査キット」や「性病検査キット」などの商品も市販されています。 病院に行かなくても診断できてしまうので、不安な人は試してみるのもよいかも知れません。 中でもお勧めなのが膣炎検査キット『バジシル』です。

 

かゆみや臭いが気になったり、おりものの量がいつもと違う!そう思った時にカンジタ膣炎であるかを検査します。

膣感染症の中には自然発生してしまうカンジタ膣炎と細菌性膣炎、膣トリコモナスという性感染症(STD)とがあります 。

細菌性膣炎は膣内のラクトバチルスが少なくなり、膣の中の細菌のバランスが崩れると細菌性膣炎になります。 細菌性膣炎は性感染症ではなく、膣内環境が損なわれている状態で発症します。原因が不明のことも多いです。においのあるオリモノが特徴です。

 

膣トリコモナスは、性交渉でうつることがほとんどです。他に風呂場など感染することもあります。膣だけでなく、尿道や膀胱に住みつくことも あります。 膣トリコモナス症になると嫌気性菌が増えやすい環境を作ってしまうため細菌性膣炎を合併することが多くなります。 どれもかゆみを伴ったり、織物に異常があったり、症状が似ています。

 

しかし、治療法がそれぞれ違うので、自己判断は禁物。検査キットでは、どの感染症かを判断することができます。

 

使い方は簡単です。

箱を開けて中に入っているPHスティックを清潔な乾いた手で持ちます。 PHスティックを膣内へ挿入します。 挿入したらPHスティックを斜めに傾け、膣の側面に5秒間ほどやさしく押しつけます。 PHスティックを抜き、すぐにカード状のカラーガイドで結果を調べてください。

 

PHごとに色が変化した結果が出てきます。 PH値が4.5以下の場合は、いずれの感染症にも該当しない、異常の無い状態です。

  • PH値が4.5でかゆみやひりひり感、パンが発酵したようなイースト臭と白っぽいおりものなど症状が一致すればカンジタ膣炎です。
  • PH値が5.0以上でかゆみ、不快な臭い、おりもの異常の症状があれば細菌性膣炎です。
  • PH値が5.0以上でかゆみ・ひりひり感、不快な臭い、おりもの異常があれば膣トリコモナスです。

このように、簡単にカンジタ膣炎かそうでないか、判断することができます。