カンジタ膣炎の治療方法

カンジタ膣炎を治療する

 

カンジタ膣炎の治療は「薬物療法」により行います。

治療方法は、膣内にいるカンジタ菌を死滅させる方法で、「抗真菌薬」の坐薬を膣内に入れ、同時に同じ抗真菌薬の軟膏を外陰部などにも塗ります。 私が病院で処方されたのがまさにそんな感じ。

 

通常、治療を開始すると3~4日程度で症状がなくなります。 そして1週間くらいすると治っちゃうんですが、カンジタ菌はまだ膣内外に生き残っている可能性があるので、抗真菌薬の使用は2週間は続けてくださいとお医者さんに言われました。

 

膣内への坐薬の挿入は産婦人科に通院して膣洗浄をして行うことも可能です。また、自分で膣内に膣錠(坐薬)を入れる方法があります。
アメリカでは普通のスーパーやドラッグストアで簡単にカンジタの治療薬や、専用ソープが買えたりと、皆さん自分で治してしまっているようです。 私はもっと早くこの薬の存在を知りたかったと思ってしまいました。

 

その薬が『モニスタット』です。 これは、アメリカの医療現場で医師と薬剤師からもっとも勧められているカンジタ膣炎の膣錠です。 カンジタ膣炎(イースト菌感染症)に効果的な膣用薬剤7回分と、感染に伴う女性器のかゆみ・かぶれを和らげる外用クリームがセットになっています。

 

そもそも、カンジタ膣炎は1日では治せません。 7日間分の薬を使用し、真菌を包む細胞膜にダメージを与えて、真菌を死滅させる作用がある有効成分「ミコナゾール」をじっくりと浸透させ、痒みと炎症を鎮め治していきます。

 

このミコナゾールは以前は病院処方の成分です。日本の製品でいうと、大正製薬で販売されているメディトリートと同じ有効成分だそうです。

モニスタットには膣用錠剤が一回使いきりのアプリケーターにミコナゾール100㎎が入った状態で7日分。ミコナゾール2%配合の外陰部用クリームが9gと詳しい日本語の説明書が入っています。 モニスタットは1回1回使いきりのアプリケーター付きなので手が汚れず衛生的。使いやすさも抜群です。

 

病院で処方される膣錠は、ほとんどが錠剤のままの座薬タイプなので、指の先に乗せて膣の中に挿入して、いつも手が汚れて・・・寝る前になんだかめんどくさいと何度思ったことか。なんで病院はアプリケーターつけてくれないんだろ。

使い方は、病院の薬と同様で、夜寝る前に清潔にした膣の中にアプリケーターを使って挿入します。後は寝るだけ。有効成分が9~12時間かけてじっくり浸透。

 

ポイントは7日間連続使用すること。きちんと使用することできちんと完治させ、再発の可能性を低くします。 外陰部用のクリームは余ったら再発した時や、ムズムズとした再発の前触れを感じた時に使うとよいです。 中には、膣内に薬を挿入するのに抵抗がある。うまく入れられないなんて人もいたり、私みたいに再発しちゃう人は、膣錠以外の治療をしたくなってしまいます。

 

どうにか根本から治療したい!そんな時はサプリメントもあるんです。

 

特に良いと思ったサプリメントは、ドクターズチョイスの「カンジタクリアスーパー」です。
このドクターズチョイスというブランドは、卸しや店舗では扱っておらず、メーカーと直接コンタクトをとり購入するメーカー直販ブランドです。仲介店がない分、なんだか信頼厚いです。

 

カンジタクリアスーパーはカンジタ菌に特化した3大ハーブを使用。天然成分だから副作用の心配もありません。  

 

【カンジタクリアスーパーの成分】

  • パウダルコ・・・免疫を高める
  • カンジタ除菌作用 黒クルミ・・・腸内環境を整える
  • 殺菌作用 オレガノオイル・・・殺菌感染症やウィルス乾癬の治療ハーブ、カンジタ膣炎の成長を阻害
  • その他、コラーゲンの生成を助けるビオチンも配合。
  • ニンニク、オリーブ葉、キャッツクロー根、ヨモギ他が免疫力アップの手助けをしてくれます。

 

服用は、栄養補助食品として1日4粒を目安に、2回に分けて飲みます。 食品なのでどのように飲んでもOKですが、食事と一緒のご摂取が吸収率も良くなり、効果的だそうです。

 

もう1つ、「フェミプロバイオ」も併用して服用すると効果的です。
フェミプロバイオは、カンジタ菌に効果のある乳酸菌サプリメントです。 乳酸菌がカンジタに効くなんて目からうろこでした。 乳酸菌を摂取すると、悪玉菌が減少し、腸内環境が整うことによりお肌のトラブルが解決するって、ヤクルトのお姉さんから聞いたことありましたが、まさにその原理ですね。

 

1日1粒を目安に飲み物と一緒に飲みます。内容は乳酸菌なので、食間、又は食前~食後のいつでも飲むことができます。 このカンジタクリアスーパーもフェミプロバイオも、成分が本来体の中に存在する物だったり、自然由来のものなので副作用の心配もありませんし、身体の免疫力を高めてくれるものなので、カンジタ膣炎の完治だけでなく、身体の調子自体が良くなると、服用した人たちの声が多くあります。

 

私は、膣に薬を挿入することに抵抗がなく、クリームも使って痒みをすぐに治めたいので、両方使用したいと思います。 治療薬が自分で買えるって、カンジタの悩みから解放される感があって、なんかストレス軽減です。