モニスタット

病院に行かず自宅でケア!カンジダ膣炎治療薬 モニスタット

 

カンジタになったら早く治療することが大切です。
実は日本の薬局ではカンジタ治療薬を手に入れることはできません。
病院でのみ処方してもらえるため、カンジタを治療するには病院に行って診察を受けなければならないのです。

 

しかし何度も再発してしまう方など、その度に病院へ行って診察を受けるのは大変ですよね。
薬の他に初診料や診察料が必要となりますから、かかる金額もばかになりません。

 

そこで便利なのが通販でカンジタ治療薬を購入することです。
カンジダ膣炎治療薬 モニスタットをご存じでしょうか。これはアメリカで一般的に使用されているカンジタ膣炎用の治療薬です。
日本では医師の処方箋がないと購入することができないのですが、アメリカでは病院に行かなくても薬局などで購入することができます。

 

ミコナゾールという有効成分が配合されており、膣に薬剤を挿入することでカンジタによる痒みや炎症を鎮めていきます。
カンジタ膣炎というのは一日で治るものではありません。
そのため何日か続けて薬を使用する必要があります。

 

モニスタットは3日間用と7日間用があり、今回紹介するのは7日間用です。
7日間眠る前に薬を使用するだけで、痒みやかぶれの症状を和らげます。
またかゆみ止めクリームもセットになっていますので、外陰部のかゆみにもお使い頂けます。