カンジダ自然治癒

カンジダに感染してしまう原因

 

カンジダは性病だと思い込んでいる方が意外と多いのですが、カンジダは性病とは関係ありません。

 

性器に症状が現れるため性感染症だと思われがちですが、カンジダ菌は誰の体にも存在する菌。そのため性感染だけで発症するわけではありません。ではなぜ、カンジダ膣炎は膣や外陰部に感染してしまうのでしょうか。

健康体である女性の膣内は酸性です。しかし、免疫力の低下やストレスの影響などにより膣内がアルカリ性に変化してしまうことがあるのです。カンジダ菌はアルカリ性の環境を好むため、膣内がアルカリ性になってしまうとカンジダ膣炎を発症しやすくなるのです。

 

カンジダは自宅で治すこともできます

 

カンジダ膣炎を発症した場合には、病院で治療を行うのが一般的です。 日本国内にはカンジダ膣炎を治療する市販薬は販売されていません。 「フェミニーナ軟膏」という有名な軟膏がありますが、これは外陰部のかゆみなどを抑える治療薬です。カンジダ膣炎を治療する薬ではありません。

 

カンジダ膣炎専用の治療薬は病院でしか手にすることができませんので、病院で処方箋をもらうことが必須となります。 しかし中には、通院する時間がない方、また金銭面で病院に行けない方、患部を見せることに抵抗がある方なども多く存在します。

 

これらの方から今注目を集めている薬が、アメリカでも一般的に使用されている「モニスタット」です。病院へ行けない、または行きたくない、でもすぐにカンジダ膣炎を治したい。そんな方にピッタリのお薬なのです。

モニスタットは3日用と7日用の二種類が販売されています。 この中でも特に支持されているのが7日用です。3日用のモニスタットはすぐに症状を改善させるため薬の刺激が強く、副作用の危険も高いという印象を持たれているようです。

そのため副作用が不安だという方が7日用のモニスタットを購入する傾向にあります。 場所が場所なだけにあまりに刺激の強いお薬は避けたい、そう考えている女性が多いのです。

 

 

カンジダを再発させないで自然治癒する

 

カンジダは一度症状が治まってもまた再発してしまう可能性があります。 そんな再発を抑えるために使用されているのが「カンジタクリアスーパー」です。 このカンジダクリアスーパーはお薬ではなくサプリメント。

 

カンジダクリアスーパーには様々な天然成分が配合されています。

オレガノやパウダルコ、ブラックウォールナッツなどのハーブや、ビオチンやカプリル酸も配合。そして腸内をキレイにし体の免疫を上げながら、カンジダが再発しないよう体内環境を整えていきます。
オレガノ、パウダルコ、ブラックウォールの3種類の主原料は、カンジダ膣炎に感染するのを阻止する力が高いハーブで知られています。

 

カンジダ膣炎が再発しないようにするためには、膣内を健康な状態の酸性に保っておく必要があります。薬で一時的に改善させることはできますが、再び膣内がアルカリ性になるとカンジダ膣炎は繁殖を繰り返します。
生活習慣を正す、バランスの悪い食事を避けるなどの心がけも大切ですが、カンジダクリアスーパーで膣内がアルカリ性に傾かないように体質を変えることも大事なのです。

 

そしてカンジダ膣炎の再発を防ぐサプリメントはカンジダクリアスーパーだけではありません。 「フェミプロバイオ」というサプリメントも人気を集めています。

 

このフェミプロバイオというサプリメントには、膣の中に存在しているデーデルライン桿菌が配合されています。そのため膣内を健康的な状態に保ちやすくしてくれる効果があるのです。

 

カンジダクリアスーパーとフェミプロバイオを併用することでカンジダ膣炎の再発をより効果的に防ぐこともできます。

 

女性であれば誰でも、いつ発症してもおかしくない「カンジダ膣炎」。 正しい治療法や予防法の知識をしっかりと身に付け、カンジダ膣炎に負けない体を維持していきましょう。

カンジダを自然治癒する方法記事一覧

カンジダ膣炎は女性なら発症する可能性があります。どれくらいの女性が「カンジダ膣炎」という病名をご存じでしょうか。一度も聞いたことがない、という女性も多いかもしれません。しかし、このカンジダ膣炎という症状は女性ならだれでも起こりうる可能性があります。また一度この症状にかかると非常に厄介です。そのため、女性はカンジダ膣炎についてよく知っておく必要があります。カンジダ膣炎はカンジダ菌という真菌に感染する...

カンジダ膣炎の症状ではカンジダ膣炎に感染するとどのような症状が起きるのでしょうか。おりものが黄色がかっていたり、塊状のものやドロっとしたものが出る膣や外陰部が炎症を起こす性交時、また排尿時に沁みるような痛みがあるこのような症状が挙げられます。また体に変化が起きる時にはすでに重症化している場合も多いので注意が必要です。

カンジダ膣炎の注意点カンジダ膣炎は、自分の体内で生きているカンジダ菌によって発症します。カンジダ菌が様々な原因によって増殖するとカンジダ膣炎を発症してしまうといわれています。また、カンジダ膣炎は一度発症しても、何度でも発症してしまう可能性はあります。カンジダ膣炎は誰もが持っているものであり、免疫力が低下した時には異常に増殖してしまうものだからです。カンジダ菌というのは温度が高く水分がある場所であれ...

カンジダ症の感染リスクと診断カンジダ症の女性と性行為に及ぶということは、感染のリスクを背負う可能性があります。だからと言ってなかなか欲望を押さえることができないという方も少なくありません。特に多感な時期の男女は、体を重ねることによって、お互いの愛情を確認するのが一般的です。こうした状況を踏まえても、コンドームなどの避妊具を上手に活用することによって、感染のリスクを抑えることができるようになります。...

デーデルライン桿菌でカンジダ症予防カンジダ菌というのは、いわゆる悪玉菌の一種です。普段は、善玉菌によって働き自体を抑制されています。そのため、特に悪さをすることはありません。しかし、免疫力が低下してしまい善玉菌のはたらきが低下してしまうとカンジダ菌というのは急激に増殖してしまいます。カンジダ菌が急激に増殖するようになると、膣に炎症が起きるようになります。膣に炎症が起きるとかゆみや不快な炎症を起こす...

細菌性膣炎と性病検査細菌性膣炎というのは膣内細菌のバランスが崩れてしまい、細菌が過剰に増殖してしまい発症する炎症になります。セックスパートナーの多い人は発症するリスクが高く、免疫力が低下してしまう月経時などにも発症しやすくなります。約半数が無症状だといわれているのですが、妊娠している女性の場合には流産や早産を起こす原因にもなることがありますので、十分に注意をしておくようにしましょう。膣炎を放置して...

オリモノについてオリモノは、女性に身体の健康状態を教えてくれるバロメーターです。オリモノの情報から健康状態を正しく把握するためにも、オリモノについてしっかり理解しておきましょう。オリモノとは何か?オリモノは女性ホルモンの分泌次第で変化するもので、膣からだけではなく、子宮頸管や子宮内膜、バルトリン腺からの分泌物や粘液が混ざっているものです。オリモノの変化によって、体調や性病、妊娠などの有無が判断でき...

トリコモナス感染の原因トリコモナスは、大人でも子供でも誰でも発症する可能性のある性病です。このトリコモナスはどうしてそこまで感染力が高いのでしょうか?トリコモナスの感染経路で最も多いと考えられているのは性行為になります。もちろん性行為だけでなくそれ以外にも感染の危険性というのは身の回りにたくさんあります。温泉、銭湯、プール、公衆トイレといった場所ではトリコモナスに感染してしまう可能性があります。ト...

ガンジダ膣炎の検査についてカンジダ膣炎は、膣内の常在菌としても知られているカビの一種であるカンジダ真菌が異常に増え過ぎてしまう事により発症する 感染症であり、性交渉において感染する性病とは異なり、性行為がなくとも発症する感染症です。健康な状態の膣内は、外部からの菌の侵入や繁殖を抑制するために水素イオン濃度3.5前後と強い酸性の状態にありますが、何らかの理由で膣内の水素イオン濃度が4.5よりも中性よ...