細菌性膣炎と性病検査

細菌性膣炎と性病検査

 

細菌性膣炎というのは膣内細菌のバランスが崩れてしまい、細菌が過剰に増殖してしまい発症する炎症になります。セックスパートナーの多い人は発症するリスクが高く、免疫力が低下してしまう月経時などにも発症しやすくなります。

 

約半数が無症状だといわれているのですが、妊娠している女性の場合には流産や早産を起こす原因にもなることがありますので、十分に注意をしておくようにしましょう。
膣炎を放置してしまうと絨毛膜羊膜炎という症状にまで悪化してしまうことがあります。
そして、子宮口が開いてしまうことで早産になりやすいともいわれています。

 

細菌性膣炎の主な症状は魚臭帯下という非常に強い臭いのするオリモノが出ることです。
膣の中は通常は乳酸菌の働きによって酸性の状態を保つことができています。
そのため、悪臭の原因となっている菌は繁殖しないようになっています。

 

近年では細菌性膣炎を発症する女性が増えているといわれています。
というのも、近年ではウォシュレットの普及によって自浄作用を低下させてしまっているからです。

 

自浄作用が低下してしまうと菌が膣内で増殖しやすくなりますので、どうしても身体に異常が出るようになってしまうのです。
ウォシュレットを毎日使用している方で膣に異変が出ている場合には少しでも早く治療を受けるようにしましょうね。