ガンジダ膣炎の検査について

ガンジダ膣炎の検査について

 

カンジダ膣炎は、膣内の常在菌としても知られているカビの一種であるカンジダ真菌が異常に増え過ぎてしまう事により発症する 感染症であり、性交渉において感染する性病とは異なり、性行為がなくとも発症する感染症です。
健康な状態の膣内は、外部からの菌の侵入や繁殖を抑制するために水素イオン濃度3.5前後と強い酸性の状態にありますが、何らかの理由で膣内の水素イオン濃度が4.5よりも中性よりになると真菌などが繁殖可能な環境となる為に誰もが発症してしまう危険性のある感染症です。
カンジダ膣炎の代表的な症状は、陰部の我慢出来無いほどの強い痒みであり、掻く事により外陰部が炎症を起こし赤くただれてしまい、性交時に強い痛みを伴う事もあります。又、通常時は、透明もしくは白っぽいおりものが、カンジダ膣炎を発症すると、白くカッテージチーズのような固形物が外陰部にまでこびりつく様になります。
カンジダ膣炎の検査は、病院などの医療機関だけではなく自宅でもする事が出来ます。病院などの医療機関では、体調不良や性行為、抗生物質の使用などの問診が行われ、下着を脱いだ状態で診察台に上がり、おりものなどの膣分泌物を綿棒でこすり取り、採取した膣分泌物を顕微鏡で見たり培養するなどして調べます。
自宅で行なう検査には、膣内の水素イオン濃度を調べるタイプや膣分泌物を検査機関に郵送しインターネットで結果を見るタイプ、寝起きの唾液を水に垂らしカンジダ膣炎への感染を調べる方法があります。